株式会社オノダ【大型インクジェット出力】

 

よくある質問-Q&A

 

出力メディアについて

出力メディアについて
 
Q.ターポリンとは何ですか?
A.英語でtarpaulin(防水布)からきた言葉です。一般的にポリエステルの織物に塩化ビニールを貼り合わせたものです。軽量、安価で強度もありますので横断幕や懸垂幕等の屋外広告物によく使用されます。テント生地はより強度のある糸で織っていたり、表面に汚れ防止のフッ素加工をしたものもありますが、厳密な意味での違いはありません。
 
Q.糊付き塩ビシートとはなんですか?
A.塩化ビニール樹脂に貼り付け用の糊引きした物で、一般的なシールと同じような物です。
通常はラミネート加工をし、アルミ複合板やアクリル板に貼り付けて使用します。
地域によって塩ビ、マーキングフィルム、カッティングシート等呼称が違います。
糊の種類も再剥離、強粘着糊、簡易施工タイプ糊(コントロールタック、Easy Apply)と製造方法(カレンダー、キャスト)の違い。
塩ビも三次元曲面用、平面用と様々な種類が存在します。
用途により適切な塩ビシートをご提案いたします。
 
Q.ターポリン出力をお願いしたいのですが、生地が厚ければ耐久性はあるのですか
A.生地の厚みと強度は関係ありません。生地の耐久性は糸の密度と強度によって変わります。中国製の生地などは厚みはありますが、糸の密度の低い品物が多く流通しています。弊社では2000mm幅までの生地は全て国産品を使用しております。(国産最大幅2000mm)
2000mm以上は韓国、ドイツ製を使用しております。
ただし強度のある生地を用いても、取付方法が適切でなければすぐに破損する可能性があります。
 
Q.ターポリンにスリット加工(風抜き)をお願いしたいのですが?
A.可能ですが、お薦めいたしません。ターポリンは風にはためくとその部分から生地が朽ちてしまい、その部分から破損の可能性が高くなります。スリット加工はわざわざ破損する可能性を高めているだけです。
ターポリンの取付方の基本は、風が吹いてもはためかないように取り付けて下さい。
 
防炎認定シールが必要と言われたのですが、発行できますか?
A.はい可能です。ただし、掲出場所等により必要なラベルの種類が違いますので、一度お問い合わせ下さい。
当社では防炎生地にインクジェット出力したのち、防炎試験を行い認定を取得し、防炎シールを発行しています。
 
Q.不燃認定はとれますか?
A.ターポリン、FFについては可能です。出力品に国土交通省の不燃認定書をお付けいたします。
また塩ビシート・壁紙につきましては防火認定が可能です。
 
Q.1370mm以上の糊付き塩ビシート出力は出来ますか?
A.現在メディアの最終準備中です。
最大出力幅1520mmまで対応予定です。お急ぎの方はご連絡下さい。
qrcode.png
モバイルサイトはこちら
 

株式会社オノダ
愛媛県松山市鷹子町909-5
TEL.089-970-2358
FAX.089-990-4480
──────────────
───
1.各種テント及びシート製品の

 製造加工及び販売
2.
帆布製品の縫製加工及び販売
3.各種セレモニー及びイベントの企画
4.運営管理の請負及びそれに伴う

 器具の賃貸
5.屋外広告関連製品の加工及び販売
─────────────────

 

306378
<<株式会社オノダ>> 〒790-0925 愛媛県松山市鷹子町909-5 TEL:089-970-2358 FAX:089-990-4480